清々しい涙(8/17)

仕事をしていてはたと気付いた。
しまったー! 今日は漢学の試合じゃーん!
仕事してる場合やない!
第一試合で静岡の常葉橘が勝ったので気を抜いていたぜ。

見始めた時は2×2の同点。
その後1点勝ち越し。
今日も勝てそうか?
でも相手は中京やからなあ。
甲子園勝率7割以上やからなあ。

正捕手の山崎君はどうやら早くも1回裏にマウンドに立つことになったらしい。
大丈夫なんかなあ・・・

その後同点にされ、また追いついてのシーソーゲーム。
山崎君は途中で捕手に戻り、同点に追いついた9回にまたマウンドにあがった。

延長戦になるものと思っていた。
けれどあっという間の結末だった。
あの球をあそこまで持っていった打者を褒めるべきだろう。

のびのびと楽しくプレーしていた球児たちは悔し涙を流していた。
こんな涙は今日はいくらでも流していいと思う。
繰り返しちゃいけないのは何度も同じ失敗を繰り返しては流す涙。
そんなのは悔し涙とは呼べない。

彼らの涙は清々しかった。

第4試合の横浜隼人×花巻東。
これも実にいい試合だった。
ユニフォームがタイガースそっくりなもんだから横浜を若干ひいきに見ていたけど、
花巻もいいチームだった。

花巻で目にとまったのはセンターの佐藤淳平君。
身長155cmなんだって。
私よか低いんだもん。
その小さな体を更に低くしてバッターボックスで構えるからこれまた目にとまる。
バットもまるでバントをするかのような持ち方からヒッティングにうつる。
そして粘る。
彼は小さい頃病弱だったらしい。
そこへもってどこかしら阪神の藤本選手に似てるようにも見えてきた。
益々応援したくなる。

けれど、何よりハッとさせられたのは、横浜がピンチの時にマスクを取ったキャッチャーがナインに発した言葉。
「笑って!」
聞こえたわけじゃないけど彼の口元はそう動いたように私には見えた。

なんて素晴らしい身構えなんだろう。
その前向きさ、私も見習わなければならないと思った。

結果は横浜がやぶれたけれど、多くの選手達は泣かなかった。
泣いていた選手も号泣じゃなかった。
自分達の力を出し尽くして出た結果だと受け入れているかのように見えた。
その流さない涙も実に清々しかった。

関学を見には行けなかったけど、次は花巻東を応援するよ。
選手権はまだまだ続くから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

あうんど

Author:あうんど
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード